脂性肌 インナードライ

脂性肌のインナードライを解消!最大の宿敵乾燥からお肌を守る方法

脂性肌の原因の一つであるインナードライを解消したいと願う、隠れ砂漠肌の女子は意外といます。

 

脂性肌なのにインナードライということは、オイルの仮面をかぶった砂漠の女王とでもいいましょうか。

 

わたし、脱いだらすごいのよ〜!と言いたいところですが、ギトギトの仮面を脱いでも潤いのないカサカサのお肌があるだけなんて残念すぎますよね。

 

ちょっと飛躍してしまいましたが、

 

ここでは、脂性肌の原因の一つであるインナードライに注目し、お肌を乾燥から守ってインナードライを解消する方法についてご紹介していきます。

 

 

1.脂性肌の原因であるインナードライとは?

 

(1)インナードライとはどんな状態のお肌なのか?

 

インナードライとは、お肌の表面は油分でテカテカしているのに内側は水分が少なく乾燥している状態のことです。

 

お肌の水分量が過度に少ないので、これ以上の水分の蒸発を抑えようとして皮脂を分泌しています。

 

つまり、水分は正常より少ないのに油分は通常より多いというアンバランスな状態のお肌のことです。

 

表面的には油分が多くみられるので脂性肌と思われている方が多いですね。

 

 

(2)インナードライかどうかのチェック

 

ではここで、あなたはインナードライなのか?簡単なチェック法をご紹介します。

 

洗顔後のお肌の状態を見ることで、チェックできるのでやってみてください。

 

その方法とは、洗顔後にスキンケアをせず、15〜20分ほど待つだけです。

 

待った後、皮脂が浮いてきたのにツッパリ感があるという状態だったら、インナードライの可能性が高いということになります。

 

この方法以外には、お店でお肌の状態をチェックしてもらうという方法もありますね。

 

もしかしたら季節や体調などの関係で一度では分かりづらいかもしれないので、何度かチェックしてみてください。

 

 

2.インナードライの解消法

 

インナードライの解消法として、以下の3つが挙げられます。

 

  • 油分を取り除き過ぎない
  • 油分と水分のバランスを整える
  • 刺激の少ないスキンケアに切り替える

 

この3つも確かに大切なのですが、

 

一番大切なのは徹底した乾燥対策をすることです。

 

脂性肌なのにインナードライというあなたには、年齢とともに減っていく一方の水分量を補うための保湿ケアが最も必要になってきます。

 

なので、上に挙げた3つも含め乾燥対策にも力を入れて、インナードライを解消していきましょう。

 

 

3.まとめ

 

脂性肌の原因の1つであるインナードライとは、水分が少なくて油分が多いお肌のことです。

 

脂性肌でインナードライの方は、まずは乾燥対策をすることです。

 

皮脂を抑えながら乾燥対策もしなくちゃいけないなんて、たくさんのスキンケア商品が必要になりそうですよね。

 

ここで、今脂性肌でお悩みの女性の皆さんに注目されているオールインワン美容ジェル ラシュレをご紹介させていただきます。

 

ラシュレは、脂性肌のケアには高濃度の潤い成分を与えることで、バランスのいい健康なお肌を目指すことが大切だということで、3年の試行錯誤の末に完成したスキンケア商品です。

 

インナードライをそのままにしておくと、お肌の老化にもつながります。

 

ラシュレには、エイジングケアに必要な成分も配合されています。

 

つまり、脂性肌対策も乾燥肌対策もこれ一本でいけちゃうのです。

 

さらにラシュレは無添加、低刺激なので敏感なお肌への配慮もしています。

 

どんな商品なのか?気になる方は、ラシュレの公式サイトをご覧くださいね。

関連ページ

オイリー肌によるテカリ解消!ツヤツヤの肌はこうやって手に入れる!
オイリー肌でテカリが気になるあなたへ、オイリー肌のテカリを抑えるためにはどうしたらいいのか。透明感のあるツヤツヤのお肌へと導いていく方法についてお伝えします。
オイリー肌だから毛穴が開くのではない?!毛穴が開く4つの理由と対策
オイリー肌だから毛穴の開き黒ずみが気になると思っていませんか?オイリー肌イコール毛穴が開くは間違った解釈です。毛穴が開く理由とその対策についてご紹介します。